HOME > 健康かわら版 > Vol.220–2021年12月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

Vol.220–2021年12月号

今月のトピックス

■大和薬品最新情報

◎ オンラインセミナーを実施しました

■ワールドヘルスレポート

入浴の健康効果

日に日に寒さが厳しさを増し、温かいお風呂にゆっくり浸かってリラックスすることが一日の終わりの楽しみ、という方も多いのではないでしょうか。今回は、入浴の健康効果、そして入浴における注意について国内・国外からのレポートをご紹介します。

■健康豆知識 健康の温故知新

142) コロナ禍でも元気に過ごす~感染を防止し、健康を保つ秘訣とは~ ②

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的流行は、すでに1年以上にわたっており、私達の生活に大きな影響を与えています。今回は、東京都健康長寿医療センター主催の第158回老年学・老年医学公開講座「コロナ禍でも元気に過ごす~感染を防止し、健康を保つ秘訣とは~」(2021年9月12日オンラインにて実施)を2回にわたってご紹介します。

食で巡る日本~郷土料理紀行~

こうしめし(高知県)

店頭にクリスマスやお正月の用意の品々が賑わいを見せる季節になりました。澄んだ空気が冷たく、どこかせわしない年の瀬。今回は、高知県の年越し料理、「こうしめし」をご紹介します。
こうしめしは、ご飯にちりめんじゃこと醤油、千切りにしたたくあんと岩のりを加えて混ぜたものです。名前の由来は、年越しに食べたことから「年越しめし」と呼ばれていたものが、次第に「こうしめし」と呼ばれるようになりました。年越しに食べるようになったのは、岩のりの旬が冬だからです。岩のりは、この地方ではめのりと呼びますが、冬の寒い日「やんざ」という刺し子木綿の服を着て、胸まで海に浸かってめのり採りをしました。
作り方は、炊きあがったご飯に乾煎りしたちりめん、醤油、砂糖を混ぜて馴染むまでおいておきます。人肌くらいご飯が冷めたらたくあんを入れて混ぜ、最後にのりを入れてさっと混ぜあわせます。ちりめんじゃこは、たんぱく質が多いほか、骨もまとめて食べられるため、カルシウムを中心にミネラルも多く含まれます。また、天日干しして作られるため、水分が抜けて栄養が凝縮され、さらに天日干しすることによって、日本人に不足しがちなビタミンDが豊富に含まれています。岩のりは、ミネラル類、ビタミン類、食物繊維ともに豊富に含んでいます。
栄養も豊富な高知の年越し料理「こうしめし」。磯の香りを楽しんでみてください。

次回の「e-健康かわら版」は2022年1月20日頃配信予定です。

 | インデックス |