HOME > 健康かわら版 > vol.157 2016年9月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

vol.157 2016年9月号

今月のトピックス

■大和薬品最新情報
◎Vitafoods Asiaに出展
大和薬品株式会社は2016年9月1日~2日の日程で、〝Vitafoods Asia 2016″(香港)に出展しました。

■コンパニオン微生物カンジダと健康
2)カンジダ菌は生物進化の歴史の中でコンパニオン微生物になった
帝京大学医真菌研究センター 安部茂先生
どのようにして、カンジダ菌は私たちの腸に住みつけるようになったのでしょうか。カンジダ菌の進化と人間との関係についてご説明します。

■ワールドヘルスレポート
催眠にかかったときに脳内で起きること
催眠状態になると、本当に脳に変化が起きることが米スタンフォード大学医学部のDavid Spiegel氏らの研究でわかりました。今後、禁煙治療、痛みやストレスへの対処に催眠の活用が期待されます。

■健康豆知識 健康の温故知新
80)乳がんを知ろう~予防と検診~
近年、乳がんの罹患率は急増しており、女性がかかりやすいがんの1位を占めています。乳がんの予防と早期発見の大切さについてお話しします。

■気になる旬の食材 さつまいも

さつまいもは、江戸時代初めにポルトガル人によってもたらされ、凶作や飢饉のたびに豊富な栄養素から救荒食として人々の命を救ってきました。近年では、食物繊維を豊富に含むことから便秘や大腸がんの予防、生活習慣病に備える食品として注目されています。また、風邪の予防に効果的なビタミンCを多く含みますが、サツマイモのビタミンCは加熱しても失われにくいのも特長です。季節の変わり目、体調を崩しやすいこの季節にふさわしい食材と言えるでしょう。焼き芋やスイートポテトでおやつとしても楽しめますし、煮物や炊き込みご飯などにしてもおいしくいただけます。また、一口大の角切りにしたサツマイモを米と一緒に炊いたサツマイモ粥は、サツマイモの整腸作用も期待できる、胃腸にやさしい一品です。

今月も最後まで「e-健康かわら版」をお読みいただきましてありがとうございました。
今後も充実した健康お役立ち情報をお伝えするよう企画してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

次回の「e-健康かわら版」は10月17日頃配信予定です。

 | インデックス |