HOME > なるほど健康塾 > ドクターから健康アドバイス > 肝細胞がんに対する予防戦略 1)肝細胞がんのおこり方

  • なるほど健康塾
  • ドクターから健康アドバイス
  • 健康豆知識

なるほど健康塾

ドクターから健康アドバイス

病理医からみた一人ひとりのがん戦略

掲載10

肝細胞がんに対する予防戦略 1)肝細胞がんのおこり方

1)肝細胞がんのおこり方

肝細胞がんのおこり方は今まで述べてきましたおとなのがんの中でも例外的です。はじめにまとめていいますと、肝細胞がんがおこるには、二つの重要な条件が必要です。ウィルス感染状態と慢性炎症の末期状態である肝硬変という状態です。炎症細胞がつくりだす活性酸素が、再生している肝細胞のDNAを自己破滅的に壊すという経緯が必要です。

肝臓は、からだの中の化学工場とよくいわれますように、さまざまな食べ物から自分のからだの材料や栄養分に変える中心的役割を担います。さらに重要な役割は解毒作用で、胆汁という消化液にして体外へ排泄します。

肝臓というと“休肝日”というように、アルコール(飲酒)の解毒と大いにかかわっています。飲酒の度を過ごして飲み泥酔をくりかえしていては、肝臓が悲鳴をあげてさまざまな症状が出てまいります。それが、まさにひとそれぞれの解毒力を超えたことを意味するわけで、これをくりかえしていては、おとなしくも力強い肝臓もだんだんプレッシャーに負けて壊れていきます。

しかし、アルコール飲みはみなさん肝臓を悪くするかというとそのようなことはありません。アルコールに飲まれることなく、以下に述べるウィルス感染の合併がなければ、肝臓はすばらしい復元力でふだんの生活ができるはずです。

しかし、多くのなおりにくい肝臓病、いわゆる慢性肝炎といわれる病気の大部分は二種類のウィルスによっておこります。両者はB型あるいはC型とよばれる肝炎ウィルスで、いずれも輸血や傷による体内侵入のかたちで感染します。

筆者が子供の頃(約半世紀前)、校医さんがやってくださった予防注射は10名くらいの生徒にまわしうちのようでした。よくもまあ、感染しなかったものだといまさらながらに思いますし、医学の未開の頃は大変危険だったのだと身をもって実感している次第です。

また、滅菌処理で壊れてしまう物質を必要とする血液の非加熱製剤が良かれということで投与された時期がありました。それによって肝炎ウィルスが感染したということが、大きな問題となり、国の厚生行政が医療訴訟という形で訴えられています。

これらのウィルスが、いったんからだの中に入ると、なかなか排除できません。多くの場合、ウィルスは肝細胞内でふえて、肝細胞を壊したり、炎症をひきおこします。こうした経過が長引いていくうちに、肝細胞で満たされていてやわらかいアズキ色の肝臓で、あちらこちらに虫食いが生じて炎症が起きていきます。肝細胞が壊れると、それをおきかえるように肝細胞が増えて、再生がおこります。

同時に、そのあとが残って細かいしこり(線維化)となり、肝臓全体がだんだんに硬くなっていきます。数年から10年くらいの経過で、細かいしこりが肝臓全体に広がり、のっぺりしていた表面がこまかい凹凸のある肝臓に変わり、肝硬変という状態にいきつきます。

肝硬変とは、文字通り肝臓が硬く変わっていく状態です。肝硬変が進んでいきますと、からだのあちこちにさまざまなシルシが現れてきます。手のひらがくすんで赤みをもってくるのはそのひとつです。健康な状態では、あざやかな赤みはこするとうすくなり、すぐにまた赤みにもどります。

プロフィール
遠藤 雄三(えんどう ゆうぞう)氏

浜松医科大学(第一病理)

遠藤 雄三(えんどう ゆうぞう)

昭和44年(1969年)東京大学医学部卒。虎の門病院免疫部長、病理、細菌検査部長兼任後退職。カナダ・マクマスター大学健康科学部病理・分子医学部門客員教授となる。現在、浜松医科大学第一病理非常勤講師、宮崎県都城市医療法人八日会病理顧問、看護学校顧問。免疫学・病理学・分子医学の立場からがん・炎症の研究を進め、現在に至る。

<主な研究課題> 生活習慣病予防にかかわる食物、サプリメント、生活習慣病と公衆衛生、IgA腎症と粘膜免疫とのかかわり、人体病理学、臨床免疫学、実験病理学

バックナンバー

感染症と免疫シリーズ

・掲載6 感染症予防には手洗い、うがい、そして免疫をケアしよう

・掲載5 細菌感染と抗生物質:抗ウィルス薬は細菌には効かない

・掲載4 ウィルス感染症の治療と予防:抗ウィルス薬、血清療法、免疫

・掲載3 風邪、天然痘とSARS、MERSそして変異型コロナウィルス

・掲載2 花粉か、細菌か、ウィルスか、自己とのちがいとは?

・掲載1 ウィルス感染と免疫システム

病理専門医からみた健康戦略シリーズ[2]

・掲載22 自己とは?非自己とは?(22)過敏性腸症候群/食物アレルギー

・掲載21 自己とは?非自己とは?(21) 大腸と腸内細菌

・掲載20 自己とは?非自己とは?(20) Bリンパ球/IgA

・掲載19 自己とは?非自己とは?(19) パイエル板

・掲載18 自己とは?非自己とは?(18) 消化管の蠕動(ぜんどう)運動

・掲載17 自己とは?非自己とは?(17)粘膜免疫

・掲載16 自己とは?非自己とは?(16)腸管免疫

・掲載15 自己とは?非自己とは?(15)免疫と消化管

・掲載14 自己とは?非自己とは?(14)ウィルスと自己

・掲載13 自己とは?非自己とは?(13)妊娠とABO式血液型不適合

・掲載12 自己とは?非自己とは?(12)移植

・掲載11 自己とは?非自己とは?(11)輸血と免疫

・掲載10 自己とは?非自己とは?(10)Ⅲ型アレルギー/自己免疫疾患

・掲載9 自己とは?非自己とは?(9)Ⅱ型アレルギー/血液型

・掲載8 自己とは?非自己とは?(8)抗生物質の発見/一型アレルギー/免疫グロブリン

・掲載7 自己とは?非自己とは?(7)外部からの非自己②

・掲載6 自己とは?非自己とは?(6)外部からの非自己①

・掲載5 自己とは?非自己とは?(5)急性炎症:日焼けと免疫反応

・掲載4 自己とは?非自己とは?(4)炎症

・掲載3 自己とは?非自己とは?(3)アレルギー

・掲載2 自己とは?非自己とは?(2)自己の確立②

・掲載1 自己とは?非自己とは?(1)自己の確立①

病理専門医からみた健康戦略シリーズ[1]

・掲載6 からだの防御システム(6)特異的免疫細胞たち:リンパ球

・掲載5 からだの防御システム(5)免疫細胞たち:白血球

・掲載4 からだの防御システム(4)免疫ホメオスタシス/感染症と炎症

・掲載3 からだの防御システム(3)「食-医同源」

・掲載2 からだの防御システム(2)新型インフルエンザウィルス

・掲載1 からだの防御システム(1)はじめに:「病気」、「病態」そして「病 名」

病理医からみた一人ひとりのがん戦略

・掲載21 頭頚部がん(2)

・掲載20 頭頚部がん(1)

・掲載19 多発性骨髄腫(3)

・掲載18 多発性骨髄腫(2)

・掲載17 多発性骨髄腫(1)

・掲載16 おとなの進行がんの治療戦略(2)

・掲載15 おとなの進行がんの治療戦略(1)

・掲載14 子宮がん(2)子宮内膜がん

・掲載13 子宮がん(1)

・掲載12 肝細胞がんに対する予防戦略 3)ウイルス排除と抗炎症対策

・掲載11 肝細胞がんに対する予防戦略 2)肝硬変と慢性炎症

・掲載10 肝細胞がんに対する予防戦略 1)肝細胞がんのおこり方

・掲載9 前立腺がんに対する戦略

・掲載8 乳がんに対する戦略

・掲載7 肺がんの予防戦略

・掲載6 環境要因による胃がん予防

・掲載5 大腸がんに対する防衛戦略

・掲載4 生活習慣病としてのおとなのがん

・掲載3 抗生物質から抗がん剤開発へ

・掲載2 現代医学と病理学

・掲載1 はじめに

ドクター 一覧に戻る