HOME > なるほど健康塾 > ドクターから健康アドバイス > 自律神経障害の症状②

  • なるほど健康塾
  • ドクターから健康アドバイス
  • 健康豆知識

なるほど健康塾

ドクターから健康アドバイス

首コリ治療医、病理専門医の説く頭痛についてーほとんどの頭痛とは頭皮痛のことー治療法は松井理学療法と自己姿勢の復帰

掲載7

自律神経障害の症状②

自律神経障害とNKCP

連載第5回で東京脳神経センターのアンケート票についてお話ししましたが、少し補足します。アンケート票は主に首コリ、肩コリ、そして頭痛 (頭皮痛) のチェックに関する項目と、自律神経障害に関する項目から構成されています。例外として項目5,6は平衡感覚神経障害(めまい)と聴覚神経障害 (耳鳴り) に関する項目です。これらの各症状は、頚部前側に解剖学的に存在する交感神経系と迷走神経系 (副交感神経) そして内頚静脈という太い静脈系 (頭部から心臓へ還流する血液の95%が通過します) の不調により起こります。そしてその根本原因は首コリ筋群 (30種類以上もあるハエを追っかけるミラクル筋肉群) の微小循環障害です。違う見方をすれば、これらすべては一過性で可逆的な機能障害ですので、頚部を温めて微小循環を改善する温熱カイロや、NKCP[*1]といったサプリメントで対抗することができます。さらに「その上を行く首コリ、自律神経障害、新型うつ、めまい、耳鳴り治療法」を必要とする場合は、低周波電磁波と遠赤外線照射を組み合わせた松井理学療法が適しているでしょう。

全身倦怠感と自律神経障害

痛みが原因で、今まで述べてきたようなさまざまな合併症を引き起こすことがわかってきています。合併症の最重要な症状は頸にある自律神経本幹の障害です。自律神経は交感神経系と副交感神経系から成り立っており、そのバランス異常はさまざまな症状を引き起こし、最終的には全身性疲労感からウツ症状まで引き起こすことになります。
仕事で疲れ果てた若いビジネスマンを診察した時のお話です。彼は私に訴えました。「自分の身の回りは白黒写真みたいだ、疲れ果てて男の役割もダメだ。」私は言いました、「ほぼ毎日松井先生の理学療法を受けましょう」と。1か月後、本人はまさに別人のように元気を取り戻しており、「まわりは総天然色です!」と喜んでおられました。

新型うつ

「新型うつ」という言葉が世の中に現れて久しいですが、今から20年以上前に松井先生が言い出したのが、もしかしたら初めてではないでしょうか。以前は「過剰ストレス」「ノイローゼ」「不安神経症」「森田療法」とか言われていました。私の大学入試の頃に、若人の病気のように言われた病態とほぼ同じです。これらの病態を調べた限りでは、かなり昔から患者はいたようで、数は少なかったけれども重要なうつ病に類似した病態でした。頚部の自律神経障害が原因と考えるならば、前のめり姿勢の仕事は昔も今も変わらず存在していたのでしょう。最近ではスマホ等のデジタル端末が普及したことで、子供から大人まで、国際的に問題が顕在化し、重要な病態として注目を集めているにすぎないのだと考えます。子供に多いといわれる「起立性調節障害」も首コリが原因だということは以前のコラムでもお話しました。いわゆる旧くて新しい首の機能障害の病態です。松井法とNKCP、バイオブラン[*2]といったサプリメントを適度に利用して、先ず治療しながら姿勢の矯正をすることが根本治療です。

 

 

[*1] NKCP:大和薬品株式会社で開発された納豆由来抽出物。
[*2] バイオブラン:大和薬品株式会社で開発された米ぬかからのサプリメントで国際的なロングセラー商品。

プロフィール
遠藤 雄三(えんどう ゆうぞう)氏

東京脳神経センター(病理/内科)

遠藤 雄三(えんどう ゆうぞう)

昭和44年(1969年)東京大学医学部卒。虎の門病院にて免疫検査部創設・部長、病理/細菌検査部長を務める。その後カナダ マクマスター大学健康科学部病理・分子医学部門客員教授、浜松医科大学第一病理非常勤講師、宮崎県都城市医療法人八日会病理顧問・看護学校顧問を経て、現在、東京脳神経センター(病理/内科)。免疫学・病理学・分子医学の立場からがん・炎症の研究を進め、発表した論文は110報以上。

<主な研究課題> 生活習慣病予防にかかわる食物、サプリメント、生活習慣病と公衆衛生、IgA腎症と粘膜免疫とのかかわり、頭痛と首コリの解消、人体病理学、臨床免疫学、実験病理学

バックナンバー

首コリ治療医、病理専門医の説く頭痛についてーほとんどの頭痛とは頭皮痛のことー治療法は松井理学療法と自己姿勢の復帰

・掲載9 頚コリがなぜめまい、耳鳴りや起立性調節障害を起こすのか

・掲載8 免疫系と不眠症

・掲載7 自律神経障害の症状②

・掲載6 自律神経障害の症状

・掲載5 自律神経障害治療センター

・掲載4 「ホモ バネ仕掛け」の頚と「新型うつ」

・掲載3 首の構造と頭痛=頭皮痛のおこりかた

・掲載2 体験/炎症とは

・掲載1 はじめに

感染症と免疫シリーズ

・掲載6 感染症予防には手洗い、うがい、そして免疫をケアしよう

・掲載5 細菌感染と抗生物質:抗ウィルス薬は細菌には効かない

・掲載4 ウィルス感染症の治療と予防:抗ウィルス薬、血清療法、免疫

・掲載3 風邪、天然痘とSARS、MERSそして変異型コロナウィルス

・掲載2 花粉か、細菌か、ウィルスか、自己とのちがいとは?

・掲載1 ウィルス感染と免疫システム

病理専門医からみた健康戦略シリーズ[2]

・掲載22 自己とは?非自己とは?(22)過敏性腸症候群/食物アレルギー

・掲載21 自己とは?非自己とは?(21) 大腸と腸内細菌

・掲載20 自己とは?非自己とは?(20) Bリンパ球/IgA

・掲載19 自己とは?非自己とは?(19) パイエル板

・掲載18 自己とは?非自己とは?(18) 消化管の蠕動(ぜんどう)運動

・掲載17 自己とは?非自己とは?(17)粘膜免疫

・掲載16 自己とは?非自己とは?(16)腸管免疫

・掲載15 自己とは?非自己とは?(15)免疫と消化管

・掲載14 自己とは?非自己とは?(14)ウィルスと自己

・掲載13 自己とは?非自己とは?(13)妊娠とABO式血液型不適合

・掲載12 自己とは?非自己とは?(12)移植

・掲載11 自己とは?非自己とは?(11)輸血と免疫

・掲載10 自己とは?非自己とは?(10)Ⅲ型アレルギー/自己免疫疾患

・掲載9 自己とは?非自己とは?(9)Ⅱ型アレルギー/血液型

・掲載8 自己とは?非自己とは?(8)抗生物質の発見/一型アレルギー/免疫グロブリン

・掲載7 自己とは?非自己とは?(7)外部からの非自己②

・掲載6 自己とは?非自己とは?(6)外部からの非自己①

・掲載5 自己とは?非自己とは?(5)急性炎症:日焼けと免疫反応

・掲載4 自己とは?非自己とは?(4)炎症

・掲載3 自己とは?非自己とは?(3)アレルギー

・掲載2 自己とは?非自己とは?(2)自己の確立②

・掲載1 自己とは?非自己とは?(1)自己の確立①

病理専門医からみた健康戦略シリーズ[1]

・掲載6 からだの防御システム(6)特異的免疫細胞たち:リンパ球

・掲載5 からだの防御システム(5)免疫細胞たち:白血球

・掲載4 からだの防御システム(4)免疫ホメオスタシス/感染症と炎症

・掲載3 からだの防御システム(3)「食-医同源」

・掲載2 からだの防御システム(2)新型インフルエンザウィルス

・掲載1 からだの防御システム(1)はじめに:「病気」、「病態」そして「病 名」

病理医からみた一人ひとりのがん戦略

・掲載21 頭頚部がん(2)

・掲載20 頭頚部がん(1)

・掲載19 多発性骨髄腫(3)

・掲載18 多発性骨髄腫(2)

・掲載17 多発性骨髄腫(1)

・掲載16 おとなの進行がんの治療戦略(2)

・掲載15 おとなの進行がんの治療戦略(1)

・掲載14 子宮がん(2)子宮内膜がん

・掲載13 子宮がん(1)

・掲載12 肝細胞がんに対する予防戦略 3)ウイルス排除と抗炎症対策

・掲載11 肝細胞がんに対する予防戦略 2)肝硬変と慢性炎症

・掲載10 肝細胞がんに対する予防戦略 1)肝細胞がんのおこり方

・掲載9 前立腺がんに対する戦略

・掲載8 乳がんに対する戦略

・掲載7 肺がんの予防戦略

・掲載6 環境要因による胃がん予防

・掲載5 大腸がんに対する防衛戦略

・掲載4 生活習慣病としてのおとなのがん

・掲載3 抗生物質から抗がん剤開発へ

・掲載2 現代医学と病理学

・掲載1 はじめに

ドクター 一覧に戻る