HOME > なるほど健康塾 > ドクターから健康アドバイス > 新型オメガ3「クリルオイル」

  • なるほど健康塾
  • ドクターから健康アドバイス
  • 健康豆知識

なるほど健康塾

ドクターから健康アドバイス

オメガ3と健康

掲載 8

新型オメガ3「クリルオイル」

クリルとは小エビによく似たオキアミのことで、日本では南極オキアミという名前で釣りエサのまき餌として知られています。食品としても1970年代より未来の食糧資源として知られるようになりましたが、十分に活用されておりませんでした。クリルは動物プランクトンの一種で世界中の海に分布しています。特に南極海には7種のオキアミが生息しており、この中でも最も大型で数が多いのが南極オキアミです。その資源量は4億トンともいわれ、地球最大のバイオマス(生物資源)と言えます。あの巨大なクジラの食欲を満たす主たる栄養源がクリルなのです。その意味でクリルはクジラの活力の源と言えます。日本においても類縁のツノナシオキアミと言う種が三陸から北海道にかけて採取でき、一部食用にされています。

そのクリルから抽出された油脂エキスはヒトにとっても大切な栄養素であることが最近の研究により明らかになってきました。その特徴はDHAが13%以上、EPAが5%以上と高く、しかも体内に吸収しやすい点にあります。本シリーズにて述べてきたように、オメガ3は種々の健康機能を有しています。重要な点は、クリルオイルはこのオメガ3の効果が魚油と比べて高い点であります。その特徴はリン脂質(レシチン)が全体の約半分を占めている点です。その主体はホスファチジルコリン(慣用名はレシチン)で、このリン脂質がDHA・EPAを結合しているために、クリルオイルは魚油と比べて吸収効率が良い事が理由でより高い効果となるのです。通常の魚油から抽出したDHA・EPAはトリグリセリド結合体と言われていますが、これを摂取した場合、消化管の中でリパーゼと言う酵素によりグリセリンとDHA・EPAがそれぞれ一旦分解され、そのあと吸収されることになります。一方、クリルオイルに含まれるDHA・EPAはリン脂質結合型オメガ3であり、リン脂質自体が乳化剤として体内への吸収を促すため、DHA・EPAは効率よく体内に吸収されます。従って、健康効果は魚油より高くなると考えられます。さらに特徴としてはクリルオイルにはアスタキサンチンが含まれており、身体の老化をもたらす活性酸素を消去する働き、すなわち抗酸化作用があります。そのため、アンチエイジングや疲労回復、眼精疲労の改善にも役立ちます。クリルオイルの中にアスタキサンチンが入っているために、DHA・EPAが酸化されにくくなり、DHA・EPAの効果がより強く発揮される点も重要と考えられます。

プロフィール
矢澤 一良 (やざわ かずなが) 氏

早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構
規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授

矢澤 一良(やざわ かずなが)

京都大学卒業、農学博士(東京大学)。(株)ヤクルト本社・中央研究所、(財)相模中央化学研究所にて勤務後、2000年に湘南予防医学研究所設立(主宰)。その後、東京水産大学大学院(現東京海洋大学大学院)客員教授 、東京海洋大学特任教授を経て、現在、早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部 研究院教授。
DHA/EPAに関する研究の功績に対する評価により、日本脂質栄養学会より学会賞「ランズ産業技術賞」、マリンバイオテクノロジー学会より学会賞「岡見賞」を授与される。

<主な著書(全著書120冊以上)等>
「マリンビタミン健康法」:現代書林 (1999)、「ヘルスフード科学講座」:食品化学新聞社(2007)、「アスタキサンチンの科学」:成山堂(2009)、「マリンビタミンで奇跡の若返り」:PHP研究所 (2010)、「機能性おやつ」:扶桑社(2012)など、その他論文・特許出願多数。

バックナンバー
ドクター 一覧に戻る