HOME > なるほど健康塾 > ドクターから健康アドバイス > 「オメガ3系脂肪酸による炎症性脂質メディエイター産生の制御」

  • なるほど健康塾
  • ドクターから健康アドバイス
  • 健康豆知識

なるほど健康塾

ドクターから健康アドバイス

オメガ3と健康

掲載 5

「オメガ3系脂肪酸による炎症性脂質メディエイター産生の制御」

オメガ6系脂肪酸であるリノール酸の過剰摂取、または直接アラキドン酸を摂取した場合には、シクロオキシゲナーゼ産物(プロスタグランジン(PG)やトロンボキサン(TX))などのアレルギー・炎症メディエイター活性が強くなる。 一方α – リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)由来、または直接EPAやDHAを摂取すると、上記シクロオキシゲナーゼ産物は作られにくく、作られてもトロンボキサンは活性がきわめて弱い事から、アレルギー・炎症などを抑制できる。リポキシゲナーゼ産物(ロイコトリエン)のうち、オメガ6系脂肪酸由来のロイコトリエンBは血管透過性亢進、白血球遊走等の活性を示し、即ち炎症や浮腫を引き起こしやすくなるが、EPAやDHA摂取はその作用が殆ど見られない。

また、血栓などを引き起こす血小板活性化因子(PAF)の前駆体リン脂質は高度不飽和脂肪酸を含み、摂取油脂のオメガ6を減らしてオメガ3を増やすと、この産生量が大幅に減少して血栓症などを予防できる。高リノール酸サフラワー油群に対して、低リノール酸‐高α – リノレン酸のシソ油群では、PAF産生量が半分ほどに下がる。このことは種々の疾患発症の予防に関わる事も推定できる。

このように、摂取油脂のリノール酸系列(オメガ6)を減らしてα – リノレン酸系列(オメガ3)を増やす(あるいはオメガ6/オメガ3比を下げる)と、アレルギー・炎症メディエイターの産生量、活性が大幅に低下することが明らかになった。実際のオメガ6/オメガ3比を下げることの効果は以下のような報告がある。アレルゲンの連続投与によるマウスのアナフィラキシー様ショック死のモデルで死亡率を比較すると、統計上有意にサフラワー油群よりシソ油群の方が、身体のアレルギー反応性を抑えた。すなわち、全動物レベルでもオメガ6/オメガ3比を下げることの有効性が証明されたといえる。このアナフィラキシーショックは、そばアレルギー、蜂に繰り返し刺された時、薬アレルギーの時などに見られる重篤な症状であるので、生命そのものに食品の選択が影響する事を示すものと言える。さらに、オメガ3系脂肪酸の内、EPAやDHAは、同様な研究によりα – リノレン酸の数倍の脂質メディエイターの産生抑制作用を有することも知られており、海産成分に特有のEPAやDHAの抗炎症・抗アレルギー作用は「知的食生活」においては重要である。

プロフィール
矢澤 一良 (やざわ かずなが) 氏

早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構
規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授

矢澤 一良(やざわ かずなが)

京都大学卒業、農学博士(東京大学)。(株)ヤクルト本社・中央研究所、(財)相模中央化学研究所にて勤務後、2000年に湘南予防医学研究所設立(主宰)。その後、東京水産大学大学院(現東京海洋大学大学院)客員教授 、東京海洋大学特任教授を経て、現在、早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部 研究院教授。
DHA/EPAに関する研究の功績に対する評価により、日本脂質栄養学会より学会賞「ランズ産業技術賞」、マリンバイオテクノロジー学会より学会賞「岡見賞」を授与される。

<主な著書(全著書120冊以上)等>
「マリンビタミン健康法」:現代書林 (1999)、「ヘルスフード科学講座」:食品化学新聞社(2007)、「アスタキサンチンの科学」:成山堂(2009)、「マリンビタミンで奇跡の若返り」:PHP研究所 (2010)、「機能性おやつ」:扶桑社(2012)など、その他論文・特許出願多数。

バックナンバー
ドクター 一覧に戻る