HOME > なるほど健康塾 > ドクターから健康アドバイス > 暮らしの中のサプリメント

  • なるほど健康塾
  • ドクターから健康アドバイス
  • 健康豆知識

なるほど健康塾

ドクターから健康アドバイス

いのちのエネルギーを高めるために

掲載7

暮らしの中のサプリメント

私の考えるホリスティック医学の中では、サプリメントは一つの大きな役割をもっています。私の場合は、まず心の治療を考えます。食事についても指導する。気功なんかも覚えていただく。これで、養生のところを固めてしまうわけです。

ホリスティック医学は人間まるごとですから、病というステージだけを診ているわけにはいきません。生老病死の全部を診るわけですから、養生の部分を最初に決めてしまうわけです。
入院してきた患者さんについて、どういう気持ちで生きているか、食事についてはどういう配慮をしたらいいか、気功なんかを覚えてもらう。

この3つができたら、では西洋医学では何ができるかということになってくるわけです。漢方薬はどうしようか。針灸はどうしようか、ホメオパシーはどうしようか。サプリメントはどうしようか。とくに、サプリメントについては、役割は十分にあるので、エビデンスが多い方がいいに越したことはないのですが、全部そろえることは無理ですし、わからないことも多いのですが、大自然の息吹をもたらすという意味で、サプリメントは必要だと思います。

たとえば、日本人だったら米由来のサプリメントを摂るということは、米のスピリットが入っているわけですから。プロポリスは蜂のスピリット、蜂のスピリットは花のスピリット、花のスピリットは大地のスピリットです。

サプリメントも、患者さんに合わせた戦略を組み立てる上での材料のひとつです。エビデンスがないならないで、この部分にはエビデンスはありません、とそこをわきまえて参加すればいいわけです。エビデンスはないが、何らかの可能性を秘めていますので使いましょう、というのががん治療の場合です。

日常の暮らしの中では、健康な人、病気でない人にとっては、サプリメントは必要ないと今まで思っていました。しかし、人は完璧ではありませんから、何らかの弱点をもっています。たとえば、循環器系が弱いとか、消化器系が弱いとか、家系的に糖尿病であるとか、脳梗塞だとか。こうした弱点をカバーするものを多少摂っていった方がいいと思いますので、サプリメントにも意味があります。

プロフィール
帯津 良一(おびつ りょういち)氏

帯津三敬病院 名誉院長

帯津 良一(おびつ りょういち)

1936年埼玉県に生まれる。61年東京大学医学部卒業。東京大学病院第三外科、共立蒲原総合病院外科、都立駒込病院外科を経て82年帯津三敬病院を設立。院長。
ホリスティックなアプローチによるがん治療を実践。2000年、「楊名時太極拳21世紀養生塾」を設立し、塾頭に。2001年、帯津三敬病院名誉院長。現在、NPO法人日本ホリスティック医学協会会長、調和道協会会長、楊名時太極拳21世紀養生塾主宰、日本ホメオパシー医学会理事長などを兼務。

<主な著書等> 『いのちの場と医療』(春秋社)、『気と呼吸法』(春秋社)、『気功的人間になりませんか』(風雲舎)、『がんになったとき真っ先に読む本』(草思社)、『身近な人がガンになったとき何をなすべきか』(講談社)、『ガンを治す大辞典』(二見書房)他多数。

バックナンバー
ドクター 一覧に戻る