HOME > 新着情報 > ニュースリリース > 論文掲載:腫瘍研究におけるエビデンスに基づく標準化植物由来免疫調節物質(米ぬかアラビノキシラン抽出物/MGN-3等)の必要性

  • 新着情報
  • ニュースリリース
  • ワールドヘルスレポート
  • 発表会・講演会・研究会

新着情報

ニュースリリース

2017年12月

論文掲載:腫瘍研究におけるエビデンスに基づく標準化植物由来免疫調節物質(米ぬかアラビノキシラン抽出物/MGN-3等)の必要性

バイオブランについての新しい論文がPecs大学(ハンガリー)の研究グループから発表されました。

タイトル: 腫瘍研究におけるエビデンスに基づく標準化植物由来免疫調節物質(米ぬかアラビノキシラン抽出物/MGN-3等)の必要性

掲載誌: Internationa Journal of Complementary & Alternative Medicine Volume 9 Issue 3 – 2017

著者: Tibor Hajito

 

 | インデックス |