HOME > 新着情報 > ニュースリリース > 【論文掲載】クルクミン治療への米ぬかアラビノキシランの併用は早期B細胞リンパ系腫瘍(意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症、くすぶり型多発性骨髄腫、ステージ0/1の慢性リンパ性白血病)の患者に対して有益である可能性がある:予備臨床試験

  • 新着情報
  • ニュースリリース
  • ワールドヘルスレポート
  • 発表会・講演会・研究会

新着情報

ニュースリリース

2016年07月

【論文掲載】クルクミン治療への米ぬかアラビノキシランの併用は早期B細胞リンパ系腫瘍(意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症、くすぶり型多発性骨髄腫、ステージ0/1の慢性リンパ性白血病)の患者に対して有益である可能性がある:予備臨床試験

St. George Hospital(オーストラリア)を中心とする研究グループは、下記の論文を発表しました。

タイトル:【論文掲載】クルクミン治療への米ぬかアラビノキシランの併用は早期B細胞リンパ系腫瘍(意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症、くすぶり型多発性骨髄腫、ステージ0/1の慢性リンパ性白血病)の患者に対して有益である可能性がある:予備臨床試験

掲載誌:Integrative Cancer Therapies January-March 2016: 1–7

 | インデックス |