HOME > 健康かわら版 > Vol.101 2012年1月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

Vol.101 2012年1月号

ごあいさつ

謹んで新年のご挨拶を申し上げます、メルマガ担当の石原です。
2012年最初のメルマガになります。今年も「一歩踏み込んだ健康お役立ち情報」をお届けして参りますので、よろしくお願いいたします。
今月から、沢山の読者より再連載のご要望をいただいていた、沖縄ハートフルクリニック院長の平良茂先生のコラム第二弾をお届けできる事になりました。
抗加齢の専門家である平良先生には、「抗加齢医学専門医のアンチエイジングシリーズ」という事で全6回に渡ってコラムを書いていただきます。
その他ワールドヘルスレポートなど盛りだくさんの内容でお届けいたします。お楽しみ下さい。

トピックス

■抗加齢医学専門医のアンチエイジングシリーズ
1)年齢を重ねるとは
ハートフルクリニック 院長 平良茂 先生
◎今月より、抗加齢医学専門医の平良茂先生のコラム第二弾「アンチエイジングシリーズ」が始まりました。食やライフスタイルで老化をコントロールする術や、加齢と老化の違いについてわかりやすく解説してくださいました。

■ワールドへルスレポート
大豆の健康効果、米国民の8割が認知
◎アメリカに「大豆」ブームが到来して10年。大豆に含まれるさまざまな栄養素や有効成分がアメリカ人に認知され、大豆食品はヘルシーフードの代表格として市場を牽引してきました。アメリカにおける大豆食品市場の近況を報告します。

■健康豆知識 健康の温故知新
24)「温熱刺激」でアンチエイジング
◎日本は世界有数の長寿国ですが、その要因として穀類や大豆中心の伝統食が挙げられています。そしてもう一つ有力視されているのが、入浴による温浴習慣です。湯船に体ごと漬かる温浴により、ヒートショックプロテイン(タンパク質)が増え、抗老化につながることが明らかになりつつあります。以前にもヒートショックプロテインを取り上げましたが、今回はさらに詳しくご紹介いたします。

今月のメニュー

■大和薬品関連最新情報
◎DHD・USAが展示会に出展しました。
■気になるからだ
◎第22回 「体内の化学工場」肝臓の健康
■編集後記

■大和薬品関連最新情報
大和薬品の米国現地法人DHD・USAが、2011年12月8日(木)~12月10日(土)の3日間、ラスベガスのベネチアンホテルで開催された「19th Annual World Congress on Anti-Aging and Aesthetic Medicine」に出展しました。
展示会に先立ち、前日のDr.ホルト氏のセミナーの中で、バイオブランの特長を紹介していただき、同セミナーの参加者もDHD・USAブースを訪れました。
展示会への出展社数および参加者数は共に例年より減少しましたが、いくつかの具体的なビジネスチャンスも生まれ、同社にとって充実した展示会となりました。

■気になるからだ 「体内の化学工場」肝臓の健康
肝臓は体内にある「化学工場」です。食事中の糖を蓄えたり、消化を助ける「胆汁(たんじゅう)」を分泌したり、有害な物質を分解したり、血液の成分を作ったりします。アルコールの分解にも肝臓が関わっています。
そのため、大量の飲酒を長期間続けることによって肝臓は障害を受け、アルコール性肝炎となり、将来は肝硬変に至るかもしれません。飲酒量を適量とするとともに、栄養(タンパク質、ビタミンなど)に配慮したつまみを取りながら飲み、休肝日を週に2日は設けましょう。
一方、肝臓の健康を損ねる原因でアルコールよりも頻度が高いのが、B型肝炎ウイルス(HBV)とC型肝炎ウイルス(HCV)です。これらに感染すること で、数十年をかけて慢性肝炎から肝硬変、さらには肝臓がんへと進行する恐れがあります。HBVやHCVに感染している人(キャリア)は100万人以上と推 定されています。もちろん、キャリアの全員が肝炎や肝臓がんになるわけではありませんし、肝炎を発症しても薬物治療でウイルスを体から排除することもでき るようになりましたが、肝臓がんは胃がんや肺がんなどに次いで患者数の多いがんということもあり、政府も検診制度や医療費助成制度を整備して対策に乗り出 しています。

■編集後記
今月のメールマガジンはいかがでしたか?
さて今月の旬の食材はブロッコリーをとりあげます。元々旬の時期が11月~3月からと比較的広い緑黄色野菜です。15世紀にカリフラワーを品種改良してつくられ、他の野菜と同様に現在では一年中スーパーマーケットに並んでいます。
ビタミンCがレモンに比較して2倍程度含まれ、野菜の中ではトップクラスの含有量です。
比較的味も淡白で、サラダにシチューにと大活躍のブロッコリーですが、プリン体が多く通風の原因ともなります。尿酸値が気になる方は少し注意したほうが良いでしょう。
旬の食材を楽しみながら、健康に役立てましょう。

お知らせ

現在大和薬品のHPへコラムを連載していただいている、沖縄ハートフルクリニック平良茂先生のセミナー情報です。先生は統合医療やサプリメント療法、補完代替医療を様々な形で啓蒙する活動をされています。

1月18日(水) 予防医学講習会「健康野菜ジュース」
時間:17:30~
場所:沖縄

1月21日(土) 血液検査の見方、症例検討会とサプリメント外来の実際
場所:福岡

今月も最後まで「e-健康かわら版」をお読みいただきましてありがとうございました。
今後も充実した健康お役立ち情報をお伝えするよう企画してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

次回の「e-健康かわら版」は2月10日頃配信予定です。

 | インデックス |