HOME > 健康かわら版 > vol.154 2016年6月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

vol.154 2016年6月号

今月のトピックス

■大和薬品最新情報
◎【論文掲載】MGN-3/BioBranのラットにおける化学物質誘発性腺胃腺発癌の化学予防作用と胃癌細胞のアポトーシス効果

◎第25回 薬局・薬店勉強会を開催

■オメガ3と健康
10)アマニとα- リノレン酸
アマニとは中央アジア原産の亜麻の種子で、欧州では古くから食されている食材です。アマニにはリグナンや必須脂肪酸であるα-リノレン酸の含有量が多いことから、抗酸化作用や血清脂質および心血管保護作用が報告されています。今回は、アマニについて解説します。

■ワールドヘルスレポート
運動でがんのリスクが低減
運動によって多くのがんのリスクが有意に低減する可能性が、米国立がん研究所のSteven Moore氏を中心とするグループによる大規模なレビューで示唆されました。

■健康豆知識 健康の温故知新
77)疫学研究でわかった「粗食」と「過食」の善と悪
今回は、「日本の一般的な高齢者が健康長寿を目指すうえでどんな食生活が望ましいのか」についてお話しします。

■気になる旬の食材 枝豆
蒸し暑くなり、緑色の鮮やかな枝豆が店頭に並ぶ季節になりました。今回は、枝豆についてお話しします。

■気になる旬の食材 枝豆

枝豆は、大豆が成熟する前に収穫した未成熟の豆です。様々な品種があり、現在では枝豆専用の品種が400種類以上もあると言われています。大豆同様にたんぱく質が豊富に含まれているだけでなく、新陳代謝を促進し自律神経の調整をするビタミンB1も豊富で、疲労回復やむくみ解消にも有効です。また、枝豆は肝機能の働きを助け、アルコールの分解を促すため、ビールのおつまみ
として好まれるのも理にかなっているわけですね。塩ゆでしてそのまま食べることが多い枝豆ですが、あえ物やごはんなどにしても色鮮やかです。また、東北地方の郷土料理の「ずんだ餅」は、枝豆をすりつぶして作りますが、蒸し暑い季節に最適なお菓子と言えるでしょう。
今月も最後まで「e-健康かわら版」をお読みいただきましてありがとうございました。
今後も充実した健康お役立ち情報をお伝えするよう企画してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

次回の「e-健康かわら版」は7月15日頃配信予定です。

 | インデックス |