HOME > 健康かわら版 > Vol.107 2012年7月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

Vol.107 2012年7月号


ごあいさつ

こんにちは、メルマガ担当の石原です。
今月のコラムは、沖縄ハートフルクリニック院長平良茂先生によるアンチエイ ジングシリーズ第3回をお届けします。今回は、加齢と美容について医療的な観点から、役に立つコラムをお書きいただきました。
その他、ワールドヘルスレポートなど盛りだくさんの内容でお届けいたします。 お楽しみ下さい。

トピックス

■抗加齢医学専門医のアンチエイジングシリーズ
3)加齢と美容
ハートフルクリニック 院長 平良茂 先生
◎私達の身体には、睡眠時にしか分泌されないホルモンがあるようです。良い 睡眠と美容、アンチエイジングについて解説していただきました。

■ワールドへルスレポート
高額医療費に高まる健康意識 ~2012年版米国民の食と健康意識調査(1)
◎先頃、アメリカ人が食と健康についてどう考え実践しているかをまとめた調査 報告が発表されました。International Food Information Council Foundation (IFICF)による「2012年版米国民の食と健康意識調査」で、アメリカ人が自身の健康状態をどう思っているか?摂取カロリーについて正しい知識をもっているのか?などがまとめられています。同調査から「アメリカ人の健康意識」「食の 安全に対する考え方」「特定の食材に対する考え方」について3回に分けて報告します。

■健康豆知識 健康の温故知新
30)夏場の食中毒を乗り切る知恵
◎6月から7月、8月にかけては湿度や気温が高くなり、細菌やウイルスが繁殖しやすくなります。食中毒の80~90%は細菌やウイルスによるものといわれています。今回は夏場の食中毒の予防法についてご紹介いたします。

今月のメニュー
■大和薬品関連最新情報
◎ピンクリボンフェスタ2012 in 函館に参加
■気になるからだ
◎第28回 見える範囲が狭まる「緑内障」
■編集後記

■大和薬品関連最新情報
大和薬品株式会社は6月17日「ピンクリボン in 函館Team PINK!」及び「国立 病院機構函館病院」の共同主催で行われたピンクリボンフェスタ2012 in 函館に協賛企業として参加しました。 同会は乳がんについての知識を学ぶだけでなく、美容体験や地元小学生の合唱 コンサートを同時に行うことで家族連れで気軽に来場できるよう企画されたイベントです。 国立函館病院の小室外科医長をはじめ医療従事者によるミニ講演会では、客席がほぼ満席となり、来場者は生活習慣の改善や健診の大切さなどについての講話に 熱心に耳を傾けていました。当日は340名の来場者を数え、当社のブースにも多くの皆様に立ち寄っていただき、充実した出展イベントとなりました。

■気になるからだ 見える範囲が狭まる「緑内障」
前回の白内障に続いて、今月は「緑内障」(りょくないしょう)を取り上げます。 気づかないうちに進行して視野が狭くなっていき、放置すると失明に至る病気です。罹る人は加齢とともに増えていきます。 私たちの眼球の中には「水」があります。風船の中に水がある状態をイメージすると分かりやすいでしょう。眼球がしぼまないように内部から圧力がかかっています。 これを眼圧(がんあつ)といいます。眼圧は適度ならよいのですが、上がり過ぎると、眼から入った情報を脳に伝える「視神経」(眼の後ろにあります)を圧迫して しまいます。すると視神経が障害されて、見える範囲が狭くなってくるのです。 やっかいなことに、眼圧が正常であっても、その人ごとに「耐えられる眼圧」を 超えると、神経が障害されます。これは日本人に多いタイプ(正常眼圧緑内障=NTG)です。NTGを含め、治療は、眼圧を下げる目薬を使います。 早めに見つけて治療を開始すれば、進行を食い止めて視野を守ることができるとされています。基本的には、治療をずっと続けることが大切です。 緑内障は初期の段階では自覚症状がありません。今のところは、緑内障で失われた 視野は元に戻らないので、40歳を過ぎたら眼科での定期的な検診が勧められます。

■編集後記
今月のメールマガジンはいかがでしたか?
今月の旬の食材は「モロヘイヤ」です。モロヘイヤは中近東やアフリカを主産地と するシナノキ科の植物です。アラビア語で「王様の野菜」を意味し、刻んだり茹でたりすることで、独特の粘り気を発揮するので、おひたしやスープに最適な野菜です。 日本の食卓にはあまり馴染はありませんが、近年は食の多様化もあり国内での栽培や 流通も盛んになりました。栄養価としては抜群のカロテン含有量があり、ビタミン類、カルシウムなども多く 含みます。さらに、ビタミン様物質のケルセチンを含み抗炎症作用、抗酸化作用が 期待されます。 夏の暑い時期に摂り、健康に役立てたい野菜です。

お知らせ
現在大和薬品のHPへコラムを連載していただいている、沖縄ハートフルクリニック 平良茂先生のセミナー情報です。先生は統合医療やサプリメント療法、補完代替医療 を様々な形で啓蒙する活動をされています。

7月15日(日)10:00~17:00
自由診療外来(各論)パーソナルコースセミナー(沖縄)
詳細およびお申込はこちら↓
http://www.hakujyukai.com/panhu/kakuron2012zenki.pdf

7月17日(火)
SPA会員限定講演会「糖質の摂りすぎと疾患の関係」(沖縄ハートフルクリニック)

7月21日(土)
ドクタータイラズメソッド、栄養療法講演会(大阪)

7月28日(土)
乳酸に関する講演会(福岡)

8月  1日(水)
第4回MNST(メディカルニュートリションサポートチーム)勉強会(沖縄)

8月11日(土)  13:00~18:00
IMAC(がん統合医療アドバイザー資格認定講座)(沖縄ハートフルクリニック)

8月19日(日)
一般向け講演会「認知症予防講演会」(沖縄)

8月22日(水)
SPA会員限定講演会「免疫を維持増進させる話」(沖縄ハートフルクリニック)

8月25日(土)
乳酸に関する講演会(東京)

9月 2日(日)
点滴療法研究会主催 得意技セミナー(東京)

9月12日(水)
SPA会員限定講演会「食品の抗酸化成分を生かした健康法」(沖縄ハートフルクリニック)

9月15日(土)~16日(日)13:00~18:00
ASCA(アンチエイジングセルフケアアドバイザー資格認定講座)(沖縄)

9月29日(土)
一般向け講演会「アンチエイジング講演会」(沖縄)

 

今月も最後まで「e-健康かわら版」をお読みいただきましてありがとうご ざいました。
今後も充実した健康お役立ち情報をお伝えするよう企画してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。皆様からのご意見・ご感想をお待ちし ています。

次回の「e-健康かわら版」は8月10日頃配信予定です。

 | インデックス |