HOME > 健康かわら版 > Vol.77 2010年1月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

Vol.77 2010年1月号

ごあいさつ

皆様新年明けましておめでとうございます。
大和薬品メールマガジン担当の石原です。
今年も「健康かわら版」を何卒よろしくお願いいたします。
年明けからはおせち料理やお雑煮などが食卓を賑わせたことと思いますが、お正月が終わった後は旬の食材を楽しみたいものです。
冬の味覚といえば、先月号でご紹介したキャベツや他にも菜の花など様々な食材がありますが、今月は魚の「鱈」を取り上げてみたいと思います。
鱈はお正月から気になるお腹まわりにもおすすめの食材ですので、編集後記をお楽しみに。
今月のメールマガジンも、健康豆知識やワールドヘルスレポートなどお役立ち情報満載でお届けしますので、お楽しみください。

■専門医の未病をテーマとしたエッセイ
1)健康戦略としての未病 医学博士 福生吉裕 先生
いまや言葉としては100%の認知率である「未病」を誰も知らない頃から16年間伝え続けてきた同氏のエッセイが今月より連載スタート。

■ワールドへルスレポート
◎ハーブ新研究に予算、効果検証で仕分けも
医療費高騰の抑制のため、代替医療の検証に力を入れている米国が一部のハーブ・サプリメントに研究費を投じた。

■健康豆知識
◎健康格言から学ぶ 15「五十煙草に甘酒」
分煙が当たり前の風潮が広まる中、改めてたばこについて格言から学ぶ。

今月のメニュー

■新年のご挨拶
大和薬品㈱代表取締役社長 二宮泰夫
■統合医療新着情報【47】
統合医療も事業仕分け?
■編集後記

■新年のご挨拶
大和薬品株式会社 代表取締役社長 二宮泰夫

「e-健康かわら版」読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は当メールマガジンを継続してお読みいただき、誠にありがとうございました。本年も引き続き、「実際に役に立つ」紙面作りを心がけて参りますのでよろしくお願いいたします。
昨年は政権交代が起き、民主党が与党となりました。
同党のマニフェストには「漢方、健康補助食品やハーブ療法、食餌療法、あんま・マッサージ・指圧、鍼灸、柔道整復、音楽療法といった相補・代替医療について、予防の観点から、統合医療として科学的根拠を確立します。アジアの東玄関という地理的要件を活かし、日本の特色ある医療を推進するため、専門的な医療従事者の養成を図るとともに、調査・研究の機関の設置を検討します。」とありますが、今後どの様に実施されていくのか期待を込めて見守りたいところであります。
一方で政党や政策がどうであれ、今後日本が高齢化社会を迎えるのは紛れも無い事実であり、病気の「予防」がより重要性を増していくのは間違いありません。
大和薬品は設立当初より、一環して「科学的なエビデンス」を背景とし「安心・安全」を第一に考えた、お客様の健康に役立つ製品をお届けする様に実績を積み上げて参りました。
平成22年は我社を設立して20年周年の節目に当り、改めてお客様のお役に立つ会社となる様さらに気を引き締めて努力して参る所存です。
今後とも末永くご愛顧賜りますようお願いいたします。

■統合医療新着情報【47】統合医療も事業仕分け?
「2位ではだめなのですか」「笑って終わる話ではないんです」――。
09年11月に行われた行政刷新会議の事業仕分けは、見る人に強烈な印象を残しました。その中で統合医療に関することも対象になっていたことにお気づきでしょうか。医療機関で出す薬の中で、薬局でも買える「市販品類似薬」は健康保険の給付対象から外すという判定が出たのです。
ワーキンググループは、どの薬を保険外とするかは「十分な議論が必要」としていますが、市販類似薬の例として、「湿布薬、うがい薬、漢方薬など」を挙げました。実施が正式に決まったわけではありませんが、もしも判定通りなら、これらの薬は自費で買うことになります。
漢方薬を治療に取り入れ、西洋医学との統合医療を実践する医師は着実に増えています。例えば、消化器病の手術後に、ある漢方薬を飲むと回復が早く、入院期間が短くてすむと、大学病院でも使われている事例があります。
もし漢方薬が保険の対象から外されると、こうした統合医療の動きにブレーキがかかる可能性があります。
結果的には12月22日、「政府予算案の骨格が固まり、漢方薬の保険適用の維持が本決まりとなりました」(日本東洋医学会のコメント)。
保険外しに反対する署名は90万人を超えたとか。この支持が「仕分け」を元に戻したのでしょう。

■編集後記
今月のメールマガジンはいかがでしたか?
さて、今回の鱈ですが今が一番美味しい季節です。白身が柔らかく淡白な味なので、お鍋にシチューに大活躍の魚ですが、脂肪分が1%以下、カロリーも100g中77Kcalと低くダイエットに最適です。
実際に肥満や糖尿病などの食事制限を行っている人向けに調理されることも多く、お正月以来少しお腹周りが気になる方におススメです。

今月も「e-健康かわら版」をお読みいただきましてありがとうございました。本年もさらに充実したお役立ち情報をお伝えするよう企画してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
来月も引き続き国内外の展示会情報やコラムをお届けしてまいります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

次回の「e-健康かわら版」は2月10日頃配信予定です。

 | インデックス |