HOME > 健康かわら版 > Vol.96 2011年8月号

  • メールマガジン購読のお申し込みはこちらから
  • 講読(無料)をご希望の方は下記「購読申込み」ボタンよりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。
  • 購読申込み

メールマガジン購読のお申し込みはこちらから

講読(無料)をご希望の方は「メールマガジン購読のお申し込みページ」よりメールアドレスを入力のうえ、送信してください。

健康かわら版

Vol.96 2011年8月号

ごあいさつ

こんにちは、メルマガ担当の石原です。
今回の平良先生のコラムでは、異なった角度から血液検査の数値を見る方法をご覧いただけます。また、インドネシアで開催したセミナーの様子を大和薬品最新情報でお伝えしています。その他、ワールドヘルスレポートなど盛りだくさんの内容でお届けいたします。お楽しみ下さい。

トピックス

■アンチエイジング・サプリメント外来の基礎知識
6) 代謝を考えた血液検査の見方
ハートフルクリニック 院長 平良茂 先生
◎血液検査から代謝が見えてくる。血液検査の数値を少し異なる角度から見ることによって、身体の状態の把握に役立ちます。

■ワールドへルスレポート
米国における代替療法利用の現状-50歳代が最も多く利用
◎先日米国で代替療法の利用についての調査結果が発表されました。50歳以上のアメリカ人を対象にした調査で、ベビーブーマー世代(団塊の世代)を中心に、ハーブやサプリメントによる栄養療法の利用者が増えている状況が明らかになりました。

■健康豆知識 健康の温故知新
19)健康に良い「睡眠のとり方 」
◎節電の夏、寝苦しい日々が続きます。睡眠不足は生活習慣病を引き起こす要因にもなります。一方で睡眠は多くとればいいというわけでもありません。睡眠の質を高めることが大切です。今回は、健康に良い「睡眠のとり方」をご紹介します。

今月のメニュー

■大和薬品関連最新情報
◎インドネシアでセミナーを開催
■気になるからだ
◎第17回 早期発見が決め手の大腸がん
■編集後記

■大和薬品関連最新情報
◎大和薬品は6月8日と9日にインドネシアでセミナーを開催しました。医療従事者などの専門家を対象とした今回のセミナーでは、特にバイオブランについて症例報告などを行いました。
全部で三ヶ所でのセミナーとなりましたが、それぞれ限られた時間の中で積極的な討議が行われ、非常に充実した会にすることができました。
また、インドネシアの地方都市「メダン」でのセミナーは、ソロ(2008年11月に開催)に続く第二回目の地方開催で、当日は地元の多くの癌専門医に参加していただきました。
これは同国での大和薬品の製品展開にとり大きな前進となり、今後ともさらなる内容の充実を図り積極的に推進していく予定です。

6月8日 午前
開催:インドネシア大学医学部産婦人科学科 (ジャカルタ)
参加者:産婦人科ガン専門医 約20人

6月8日 午後
開催:Dharmais hospital 国立がんセンター(ジャカルタ)
参加者:血液病専門医、内科医、一般総合医(GP) 等約20人

6月9日 午後
開催:Swissbell Hotel (メダン:インドネシア第4の都市)
参加者:がんの専門医35 人
プレゼンター:Dr. Ali

■気になるからだ 早期発見が決め手の大腸がん
大腸がんがこの30年間で約6倍に増えており、今では罹患する人が2番目に多くなっています。食生活の欧米化など、生活習慣の変化によると考えられています。
早期に発見すれば、ほぼ治癒が望めるので、早期発見・早期治療、そして何より、がんを予防する生活習慣が大切です。
最初の検診は「便潜血反応」といって、大便に血の成分(がんからの出血)が含まれているかどうかを調べるものです。それで陽性と判定されると、精密検査に進みます。
精密検査は内視鏡で大腸を観察する方法が一般的です。精密検査が必要と言われても受けない人がいますが、精密検査を受けない人は受けた人に比べて大腸がんで死亡する可能性が高いとのデータもあるので、指示があったら受けるようにしましょう。
では、大腸がんを防ぐには――。運動をすると大腸がんの危険性を「確実に下げる」と指摘されています(世界がん研究基金の報告書)。具体的には「少なくとも30分間程度の速歩に相当する運動を毎日」です。肥満やアルコール、肉食については、危険性を「確実に上げる」とされているので、食べ過ぎ・飲み過ぎは避けた方がよいでしょう。
食物繊維の摂取によって大腸がんになる危険性が下がるとの研究もあります。

■編集後記
今月のメールマガジンはいかがでしたか?
今月の旬の食材は唐辛子です。辛い食べ物の代表格である唐辛子は、その名の通り唐(中国)から来た辛いものとして日本に伝わりました。唐辛子と聞いてイメージする赤唐辛子は元々ピーマンの様な緑色をした青唐辛子が熟し乾燥させられたものです。
未熟とはいえ青唐辛子にも十分な辛み成分のカプサイシンが含まれており、体温上昇や血流改善、脂肪燃焼などに役立ちます。
また、辛み成分は食欲増進や殺菌効果をもち、夏の食事に適しているといえます。
近年の研究では、その強い抗酸化作用から老化防止や抗がん作用も期待されています。
旬の食材を楽しみながら、健康に役立てましょう。

お知らせ

現在大和薬品のHPへコラムを連載していただいている、沖縄ハートフルクリニック平良茂先生の情報です。先生は統合医療やサプリメント療法、補完代替医療を様々な形で啓蒙する活動をされています。

8月16日(火)
時間:19:30~
場所:沖縄 ハートフルクリニック
概要:304回SPA講演会「抗酸化の大切さを知るわかりやすい実験」
シリアルの中の鉄、パンに含まれる添加物、トマトや米の農薬抽出、塩素経皮吸収実験などを実施します。

8月20日(土)
時間:13:40~
場所:東京
概要:乳酸に関する講演会を予定

8月26日(金)
時間:10:00~
場所:沖縄 糸満警察署
概要:健康と栄養、犯罪と栄養、少年犯罪と栄養

今月も最後まで「e-健康かわら版」をお読みいただきましてありがとうございました。
今後とも充実した健康お役立ち情報をお伝えするよう企画してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。
皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

次回の「e-健康かわら版」は9月12日頃配信予定です。

 | インデックス |